Menu

黄斑変性症を防ぐ切り札

婦人

目に関わるルテインの基本

優れたポリフェノールを持ち、目の健康に良いことから、アイケアのサプリではブルーベリーの商品が人気です。そして、今ではルテインのサプリも、アイケアのサプリとして愛用者が増えています。ブルーベリーでは満足できなかったユーザーに支持されている点は、年齢と共に減り続けるルテインを直接補給できることです。ルテインは目の奥にある黄斑部や、ピントを調整する水晶体に含まれている成分ですが、40才あたりから減り始めてしまいます。早ければ40代でおよそ3割程度減少し、60代では20歳の頃の半分以下になるとも言われている栄養素です。ルテインは抗酸化物質であることから活性酸素を除去する能力を備えており、目から入ってくる紫外線類をブロックして、黄斑部などを守る働きを担っています。ところが目の中のルテインが加齢によって減り、有害光線を防げなくなれば、黄斑部が損傷を受けて凹凸が生じるようになるのです。これが黄斑変性症と呼ばれる目の病気ですが、ルテインの減少が大きく関わっています。黄斑変性症になった場合、視野の真ん中が歪んで見え始め、病状が進行すれば目が見えなくなる深刻な病です。失明原因の上位にも位置するこの病気を防げるのはルテインだけですから、中年以降のアイケアでは大きな意味を持っています。また、ルテインは油分と一緒に摂ると一層効果的に吸収できる脂溶性のため、サプリを選ぶ際は、油脂成分も入っている物を選ぶのが豆知識です。さらに、ルテインはスマホやPCのブルーライトもブロックできますので、若者の間でも口コミを中心に、アイケア成分として人気が広がっています。

Copyright© 2018 【疲れ目を軽減】アイケアを行なって健康的な目を維持しよう All Rights Reserved.